デイン王国

西の大陸 の北西端に存在する国。
かつて大規模な 魔漏 によって生じた大きな毒沼が発生させる有毒ガスにより、国土のほとんどは生体が住める環境ではない。  神話時代 の 古代魔法 である《 機械魔法 》の技術が残っており、魔力を動力源とする「機械」というものを製造できる。身近な物では、「時計」や「眼鏡」(レンズではなく魔力によって視界を補正する)がそれに当たる。
 
機械魔法を多用すると体が金属に侵食され、酸化してやがて腐れ落ちるが、それを解毒するための知識と手段がデイン王国には残っていないため、治療ができない。 デイン王国の第一王女 ライカ はこの侵食から養父を救うために様々な魔術を学び、治療方法を求めて旅に出た。
ページトップへ