西の大陸

ヒト族 をはじめとして、 エルフ竜族イニスニュート など、様々な種族が混在する大陸。
ヒト族以外は 精霊弱体化 の影響で住める場所が限られているため、その範囲内で生活している。
荒野・砂漠・険しい山岳地帯など、貧しい土地が多いため、ヒト族の間では土地(資源)の奪い合いを目的とした戦争が頻発しており、領土や国境があいまいになっている地方もある。
主人公 ティラル が生まれ育った大陸。
≪西の大陸の概要≫
 
【生息する種族】
ヒト族が最多で、エルフ・竜・竜族・イニス・ニュートが混在する。
 
【ヒト族の宗教】
グラフィエル教精霊信仰月信仰 など
 
【信仰される神】
闇と終焉の神「パウ・ファンザム
 
精霊濃度
精霊を必要とする種族が多いため、枯渇気味。
荒れ地が多いため全体としての 精霊濃度 は低いが、高山や森は精霊濃度が極端に高い。
 
【地形】
大陸を斜めに寸断する大きな山脈、広大な砂漠がある。荒野や沼地が多く、肥えた土地は ファンザム帝国 周辺と クネ王国 周辺のみである。
 
【気候】
四季の移ろいがはっきりしており、夏は暑く、冬は厳しい寒さに見舞われる。
 
≪西の大陸の勢力≫
北部はファンザム帝国が統治。中部は イアー王国 とクネ王国がそれぞれ統治。南部は ラベド王国メホド王国 が中心となり争いを続けている。砂漠・山脈・樹海・渓谷などの自然の障壁が多いため、北部-中部-南部の間ではヒト族による大規模な戦争が起こることはない。
また、かつて北東部にはケモル王国という国があったが、今は国として機能していない。
 
≪西の大陸の国々≫(※『MYTH』本編で取り上げていない小国や属国は省略)
ファランディーン地方
 ■ ファンザム帝国
 ■ ヘカドス王国
 ■ ベラー王国
 ■ ファバス王国
 
アグナール地方
 ■ グラフィエル王国
 ■ アギエル王国
 ■ デイン王国
 
アイズベルト地方
 ■ ケモル荒野
 
イゾルデ地方
 ■ イアー王国
 
ファラルト地方
 ■ エリム竜王国
 ■ クネ王国
  ・ 辺境の集落エリアル
  ・ エルダ樹海
  ・ イニスの里
  ※ エルダ樹海とイニスの里はクネ王国領内に存在するが、交流はない。
 
マルクヴァルト地方
 ■ ラベド王国
 ■ メホド王国
ページトップへ